青学生の日記

青山学院大学に現在通っている大学生の日常

RADWIMPSはなぜ人気なのか。RAD大好き大学生がその魅力に迫る

RADWIMSは日本の4人組ロックバンド。現在はサポートドラマーを迎えて活動中。

f:id:aogakuseinonitijou:20200519172922j:plain

RADWIMSはもともと人気の高いバンドだったが、2016年に「君の名は」の曲中歌をを担当したことで一般にも広く知れ渡るようになる。紅白歌合戦にも出場。そんな大人気バンドRADWIMSはなぜこんなにも人気なのか。

 

①大衆受けするさわやかな曲

これは「前前前世」や「君と羊と青」「会心の一撃」に置いていうことができる。RADWIMPSが大衆受けできた理由だろう。さわやかなメロディに綺麗な歌詞が特徴だ。


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

②狂った二面性

①の曲でRADWIMPSを好きになった人たちが度肝を抜かれるのがこの曲たちだ。RADは二面性とよく言われるがそのうちの裏の顔である。

「五月の蠅」 死体になった君を見たい (君から)こぼれたはらわたで縄跳びをするんだ


五月の蝿 RADWIMPS MV

 

「洗脳」 殴り続けました。そしたらついに母は動かなくなったのです。

 

「G行為」「コンドーム」「なんちって」「狭心症

 

などなど。特にヤバイ最初の2曲はやばいので歌詞も付けた。でも曲を聞いてみると、なんだか同調してしまうのだ。「五月の蠅」を聞けば君が悪いような気がしてくるし、「洗脳」を聞けば、彼が本当に一生懸命陶酔していることが伝わってくる。こんなにも怖い歌詞なのに人の胸を打つのだ。こんなバンドは他にないのでここにハマるともうRAD沼から出れなくなる。

 

③特定の誰かに向けられた愛

RADWIMPSの曲には、特に初期のころは歌詞にみられる情景描写が少ない。その分、「君」や「あなた」といった言葉が多いのだ。まるで野田洋次郎が特定の誰かを想像し、その人を描いて、その人に伝えたいことを歌っているように感じる。実際にそういう曲もあるのだとか、ないのだとか。

 

「25個目の染色体」 あなたが死ぬその一日前に僕の息の根を止めてください

 

ふたりごと」 手とて合わせたら血もつながって一生離れなくなったりして


ふたりごと RADWIMPS MV

 

「ラストバージン」 生まれて初めての最初で最後の一世一代が君でした

 

④過小評価の自分

RADWIMPSの曲には気が弱く、自己肯定感が低い男性が女性を好きになるという構成が多い。それがとても切ないのだ。

 

有心論」 自分の中の嫌いなところ 自分の中の好きなところ どっちが多いかわかってて悲しくなった


有心論 RADWIMPS MV

 

「π」目一杯のウソをクローゼットから引っ張り出して身にまとって

 

RADWIMPSは売れた後でもこういった曲を書き続ける。人柄が滲んで伝わってくる。

 

④3.11への思い

野田洋次郎東日本大震災が起こった翌年から、3.11(遅れる年もあるが)にYouTubeに新曲を投稿する。つまり無料公開だ。忘れないように毎年、丁寧に歌ってくれる。ライブでもいつも彼が言う言葉は「ありがとう、みんなのおかげで幸せだ。」 台風が来るとSNSに新曲を投稿、現在の自粛期間はインスタライブで歌ったり、ONE OK ROCKのTakaとインスタコラボしたりしてくれる。彼のやさしさが伝わってくる。


空窓 RADWIMPS

 

④ライブがスゴイ

彼らのライブはもちろんアツい。RADWIMPSの曲は基本的にどれも難しい。激しいギターフレーズに、スラップベース最高にかっこいい。ギターソロとベースソロ、ドラムソロでリレーすることもある。そんな盛り上がったと思ったら、ピアノのバラード曲。切ない歌詞を野田洋次郎が丁寧に歌いこむ。


×と○と君と「会心の一撃」

 

RADのライブにはお決まりのパターンがある。彼らが一回退場した後、会場全体でスマホのライトをつけ、もしもを熱唱するのだ。暗い会場の中、多数のライトが光り、みんなで歌うあの感じはRADWIMPSならではだ。しばらくすると彼らがアンコールをしに帰ってきます。これがもう本当にかっこいい。私が絶対RADのライブに行こうと思う理由の一つだ。RADのライブに行く人はぜひ「もしも」を覚えていってほしい。

 

 

この記事を通して伝えたかったことは

 

RADWIMPS マジ最強だから絶対聞いてくれ! である。

 

もちろんYouTubeにはたくさんアップされている。

 

しかも先日、サブスクリプションが解禁された。サブスクに加入することでほとんどの曲が聞ける。本当にぜひ聞いてみてほしい。

 

以上RADWIMPS大好き大学生からでした。